顎ニキビ改善方法〜間違ったやり方では治らない〜

顎ニキビの改善方法の対策にて欠かせないといわれる3つの成分ってご存知でしょうか?

 

顎ニキビができてしまった際に最も優先するといったものには、毛穴内の炎症について抑えるといったことになります。
殺菌作用を持っている成分もあるのですが、刺激になりやすいため、肌を乾燥させやすくするようにするために、成分配合についてはちゃんとチェックするようにしましょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムやアラントイン、トラネキサム酸が入っているものがお勧めです。

 

保湿成分としましては、大人ニキビになりますと油分は抑えながらきちんと保湿することが重要です。
乾燥しまして角質層が固くなってしまったりしますと、毛穴を塞いでしまってニキビの温床になってしまうからです。
そのため普段より肌を保湿しながらニキビ予防を心がけるようにしましょう。
最も保湿効果の高い成分はセラミドになりますが、他にはコラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュア、ペプチド、PCAがあります。
人の肌に元来より備わっている成分になりますと、BG多価アルコールといわれる合成保湿剤よりもセラミド等のほうが肌なじみや保湿力が高くなるのでお勧めです。

 

またビタミンC誘導体といった皮脂を抑える働き及び炎症を抑える働きがある成分もありますが、この働きについては顎ニキビのような改善方法の手段となる化粧品の成分としては必須といえますので、ビタミンC配合の有無については必ずチェックするようにしましょう。
肌に浸透しやすいような「ビタミンC誘導体」という形態でで配合されるものがお勧めとなります。
ビタミンCは、別名でアスコルビン酸とも表記されているものもありますからその点は注意しましょう。